9月に入り、だんだんと秋の気配を感じさせる季節になりましたね!

飼育スタッフが厳選した生きもの20種類の中から、みなさまが「見たい!」と思う生きものを選んでいただく『特別展示 みんなのザ・ベスト9』のアンケートが、8月31日(水)をもちまして終了いたしました。
 
その総投票数は、なんと・・・

4909票!!!

予想を超えるたくさんのご応募、誠にありがとうございました!!
11月5日(土)から展示を開始いたしますので、楽しみにしていてくださいね!
たくさんいただきましたアンケートの中で、いくつかご質問いただきましたので、今回はこの場をお借りしてお答えさせていただきます!

 
①どうしてフグは体が膨らむのですか?

みんなのザ・ベスト9の候補にもコクテンフグとミナミハコフグがいましたが、フグは体が膨らむ生きものとしても有名です。
あまり速く泳ぐことのできないフグは、敵から襲われたときに膨らむことによって相手を驚かせて身を守っています。
ちなみに、水をたくさん飲み込むことによって体を膨らませているんですよ!

こちらはウミガメの水槽にいるヒトヅラハリセンボン。

 
②イルカはどうして頭の上に穴があるのですか?

イルカの頭の上にある穴は、人間でいうと鼻の役割をもつ「噴気孔」です。
頭の上にあることで、泳ぎながら呼吸ができるようになっています。
穴をよく見ると、奥は2つに分かれていて、わたしたち人間の鼻と似ています。
水中では噴気孔を閉じて、水が入ってこないようにしています。

 
③ニモとドリーのドリーはどういう魚なんですか?

ディズニー映画『ファインディング・ドリー』が公開され、水族館の中でも『ドリーだ!ニモだ!』という声がたくさん聞こえてきます。
ニモのモデルとなっているのはカクレクマノミとう魚です。
イソギンチャクを住みかにしています。
ドリーのモデルとなっているのは、ナンヨウハギという海藻を食べる青い魚です。
現在、コーラルカフェバー内にあるテーブル型の水槽では、こちらの2種が仲良く一緒に泳いでいます。
 

 
 
まだまだみなさまからいただいた質問はございますが、今回はこのあたりで終了させていただきます。
『特別展示 みんなのザ・ベスト9』展示開始までに、今回お答えできなかった質問にも出来る限りお答えしていきますので、次回のブログもお楽しみに!
 
 
(魚類チーム 杉山)